バスケットボールに使われるゼッケンの特徴や選び方について

バスケットボールの授業で「ゼッケン」や「ビブス」を着たことがある、という方も多いのではないでしょうか。個人やチームを分けるときに便利なゼッケンは、バスケットボールのような団体競技でよく用いられています。そこで今回は、バスケットボールで使用されるゼッケンの特徴や、ゼッケンの選び方について紹介します。

バスケットボールに使われるゼッケンについて

ゼッケン

ゼッケンやビブスを最も多く利用するスポーツといえば、「バスケットボール」です。体育の授業のほか、バスケ部がゼッケンやビブスを着て練習している様子を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

バスケットボールは、短時間のうちにオフェンスとディフェンスが入れ替わる動きが激しいスポーツです。目まぐるしく動く状況のなかで、チームメイトとチームを素早く見分けるためにもゼッケンやビブスは必要不可欠なアイテムといえます。

バスケットボールといえば「リバーシブルビブス」!

ゼッケンやビブスには、形状や機能性などが異なる種類がたくさんあります。両サイドにある紐を調節してウエストに合わせられるものや、クリアケースが付いたもの、ポケットが付いたもの、反射テープが付いたものなど、使用用途に合わせて色々な種類から選ぶことができます。

バスケットボールは、ほかのスポーツに比べてゼッケンやビブスを使用する機会が多いのですが、一般的に「リバーシブルビブス」と呼ばれる商品が最も多く使用されています。
リバーシブルビブスとは、その名のとおり表裏をひっくり返して、どちらの面でも使えるビブスです。表と裏どちらにも、チームロゴや番号をプリントできるので、場所と状況に合わせて使い分けができます。

練習試合でもチーム分けがしやすいリバーシブルビブス

チーム内での練習はもちろん、他校との練習試合でもリバーシブルビブスは活躍します。選手同士が目まぐるしく交差するバスケットボールでは、ビブスの色で明確に選手とチームが見分けられるようにする必要があります。
相手チームが白のビブスを着ているときは、自分たちは白以外のビブスになるようにリバーシブルビブスをひっくり返します。その場で切り替えが可能なので、わざわざ他のウェアに着替える必要がないのもリバーシブルビブスの便利なところです。

バスケットボール用ゼッケン・ビブスの選び方

ゼッケン

バスケットボールの練習や練習試合に欠かせないゼッケンやビブスは、好きな生地やカラー、サイズ、デザインなどを選んでオリジナルの1枚を作成できます。とはいえ、はじめてバスケットボール用ゼッケン・ビブスを作る際は、「どの商品を選んだらいいのか分からない・・・」「予算に収まるか心配・・・」「デザインはどうしよう・・・」と何かと不安になることが多いものです。
ここでは、初めてゼッケンやビブスを製作される方向けに、バスケットボール用ゼッケン・ビブスの選び方のポイントをいくつか紹介します。

バスケットボール用ゼッケン・ビブスは耐久性で選ぼう!

バスケットボールをはじめ、競技用で使用されるゼッケンやビブスは、通常は少し厚めで頑丈に出来ています。体を動かして汗をびっしょりかくので、着用した後は洗濯が欠かせません。毎日のように洗濯をする必要があるので、出来るだけ長く使い続けたいと思ったら「耐久性で選ぶ」ことが大切です。
通気性に優れたメッシュ素材で作られたビブスが多いですが、ひっくり返したときにも表と裏どちらも丈夫でしっかりしたものを選ぶのがポイントです。生地がしっかりしているものは、手洗いはもちろん、洗濯機で激しく洗っても生地が破れることはまずありません。

体格に合ったサイズのゼッケンやビブスを選ぼう!

せっかくオリジナルのゼッケンやビブスを作ったのに、いざ練習で着てみると「ブカブカだった・・・」「体にぴったりで動きづらい・・・」といったサイズ選びの失敗があれば非常に残念です。
サイズ選びは、プレーのパフォーマンスにも影響する重要なポイントです。サイズに余裕があり過ぎても、ぴったり過ぎてもいけないので、必ずご自身の体格に合ったサイズのゼッケンやビブスを選ぶようにしましょう。
すでに使っているゼッケンやビブスがあれば、サイズをしっかり計測して自分の体格を把握した上で選ぶことをおすすめします。

見積もりを依頼して値段を見ながら選ぼう!

ゼッケンやビブスを作る際にやっぱり気になるのが「値段」です。学校やチームはもちろん、個人的に作る場合もあらかじめ決まった予算があるので、それ以内で作るのが理想です。
オリジナルゼッケン・ビブス製作にかかる費用は、業者によって異なります。また、どのような商品を選び、どのようなデザインをどのインクで、どの印刷方法でプリントするのかによっても値段が変動します。
予算内に抑えようと安すぎるものを選べば、耐久性が低く、使っているうちにすぐに破れてしまう恐れもあるため、できるだけ長く使えるコスパの高いゼッケンやビブスを選ぶことが大切です。
ゼッケンやビブスの値段については、業者によって差があるので、まずは気になる業者に「見積もり」を依頼しましょう。お見積もりフォームに、希望する商品とカラー、印刷方法、注文予定枚数などを入力し、デザインデータがあれば一緒に添付して送ります。業者から受け取った見積書が届いたら、料金の内訳などを確認して、ほかの業者の見積書と比較してみてください。
見積書の内容や、業者の対応の良し悪しなどを参考に、予算や希望に最も見合う業者を選ぶことで、納得のいくバスケットボール用ゼッケン・ビブスが完成するはずです。

業者のデザインサンプルから選ぼう!

デザインデータを自作できない場合や、急ぎでゼッケンやビブスが必要になった場合は、「業者のデザインサンプル」から選ぶのも一つの方法です。
Web注文サイトの商品ページだけでなく、これまでの製作事例などを参考に好みのデザインを選びます。すでに製作したことのあるデザインなので、プリントした後の仕上がりも事前に確認できるので安心です。
バスケットボール用のゼッケンやビブスは、カラー展開が豊富にあります。業者のデザインサンプルを確認すれば、それぞれの色の雰囲気を実際に確認できるので、チームの雰囲気に合ったカラーを選ぶためにも是非参考にしてみてください。

バスケットボール用ならやっぱりリバーシブルがおすすめ!

両サイドにマジックテープが付いているゼッケンやビブスも、着たり、脱いだりするのに便利ですが、やはりバスケットボールで使用するなら「リバーシブル」のものがおすすめです。
チーム内で紅白に分かれて練習試合をする際にもリバーシブルだとチーム分けが簡単にできるので、練習時間を無駄にすることなく着替えられるのも魅力です。また、女性のプレイヤーもTシャツの上から重ね着できるメッシュ生地のリバーシブルビブスを選べば、場所を移動せずとも裏返すだけで簡単に着替えができておすすめです。




今回は、バスケットボールで使用するゼッケンやビブスの特徴や、選び方について色々紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。オリジナルデザインのゼッケンやビブスは、インターネットとスマホがあれば、いつでも自分好みの1枚を作成できます。ここで紹介した以外にも、カラーやプリント方法などを色々と組み合わせられるので、ぜひご自身やチームに合ったバスケットボール用ゼッケン・ビブスを作成してみてください。